32歳既婚、共働き。家に帰ってからの旦那のルーティーン

サムネを見て、思いましたか?なんてオシャレな家なんだ!と。

安心してください。著作権フリーで拾ってきた画像です。

結婚生活も早6年。今は妻と子供2人の4人家族で日々生活しております。そんな私は中小企業のサラリーマン。仕事が終わるのは19時で家に着いたら20時半くらい。

まず家に着いて玄関のドアを開けると妻がおかえり!今日もお疲れ様。ご飯にする?お風呂にする?好きな方を選んでね!と声をかけてくれる。そして子ども達も勢いよく父親の私に飛びついてきて抱っこ抱っこ!とおねだりするのである。

というのは嘘で、実際は私を一瞥することも、おかえりと言うこともなく各々自分の好きなことをしているのである。

妻はスマホ、子供はジブリの映画を鑑賞、もしくは折り紙やお絵かきをしていたりする。子供はかろうじて私を見つけると「あ!おかえり!」と言ってくれる。

妻には私からただいま!と声をかける。すると「うん」との返事がある。まだ機嫌が良い方である。ひどい時は「うん」すらない。全く寂しいものだ。昔はラブラブだったのに。

そしてスタスタと歩いて洗面所まで行く私。

手洗いとうがい、顔を洗い終えた私は妻に「筋トレする」と言う。ご飯前にしないとお腹がいっぱいで動けないのでご飯前にする。

妻からは「筋トレより他にすることあるだろ」「帰ってきていきなり自分のことすんなよ」と思われているだろう。しかし、私は筋トレをする。ムキムキでもないのに。むしろヒョロガリである。

うちは共働きなので妻も仕事で疲れて帰ってきた後に5歳と2歳の食事、お風呂、遊び相手を平日毎日しているなんて本当に申し訳ない限りである。それなのに帰ってきて、いきなり筋トレを始める空気の読めなさ。朝やるわけにもいかないので、ここしかやるタイミングないんだ。許してくれ。世の奥様方。

筋トレを終えた私は妻に「ゴハンタベル」と言う。

ご飯を作って!と言っているわけではない。ご飯を食べると意思表示しているのだ。この言葉の中には「今日はチンだけでいいの?それなら僕が自分でするから」と「仕上げの調理が必要ならお願いします。」の2つの意味が含まれている。

前者の場合、妻は「レンジの上にあるから温めて」と言う。機嫌が良ければチンしてくれる。後者の場合、すくっと立ち上がり調理して机にご飯を提供してくれる。

妻は調理を終えるとソファでスマホをポチポチする。ZOZOTOWNで服を探しているようだ。私は「これ美味しい!」とか「今日はちょっと味付けが違うな。」とかわかってもいないのに適度にコメントを入れる。妻は冷めた目で私のことを見ている。

食事の後は自分と妻子が食べた後の食器を洗って拭き上げる。

それが終われば少し子供と遊んだりする。そんなこんなをしていると22時くらいになるので子供も眠たくなってくる。

私がリビングにいると子供が興奮して寝ないので、上の部屋に上がって今のようにブログを書くのである。

疲れているとそのままお風呂にいって、寝たりする。

妻と会話することは少なくなった。特に2人目ができてからは日々仕事と家事に追われ、終わったら疲れ切って子供と一緒に眠りに落ちているようだ。

私も帰宅するのがどうしても20時半あたりなので、あまり手伝うことができていない。

以上が32歳、共働き、4人家族の旦那のルーティーンである。

 

 

ここまで読んだアナタは思っただろう。

誰が興味あんねん!!と。

そう。全く需要がないのに書いてみたのだ。それが私のブログである。

次は為になることも書いてみたいと思う。

それでは!さらば!

コメント

タイトルとURLをコピーしました