朝早く目が冷めたので、パナソニックに転職して辞めた話を書く。

只今、AM4時20分。
23時に寝たのだがトイレで目が冷めて、もう一度寝ようとしたが寝れなかったのでパソコンに向かって文字を打っている。

今日は嫌な夢を見た。
どんな夢かというと以前、努めていた会社で周りの社員からバカにされるという夢だった。

現実はそんなことはなかったのだが、私が本質的に感じていたのか、たまにそういった夢もみるし、夢じゃなくても「あの時バカにされてたのかなぁ」とふと思い出したりする。

私は以前パナソニックに努めていた。
もう5年前だろうか。
中途入社で関西に配属された。

もともとは住宅関係の卸業者で営業をしていた。
しかし、ブラックな会社だったのと、結婚したのでもっと収入を上げたいということで転職を試みた。

当時ブラックな中小企業で自分なりに頑張っていたので、成績も良かったし自身も付いていた。

そんな中、転職活動をしたところ見事パナソニックに中途入社で受かったのだ。

年収は200万円ほど上がり、自分の親も喜んでいた。
リーマンショックであれほど新卒の就活で苦労したのに、パナソニックという一流企業に受かったことは当時人生最大に嬉しかった。

しかし、これが地獄の始まりだった。

研修を終えて配属された部署では、新人は誰よりも早く来い!とこき使われた。

毎日始発の電車に乗って、死んだ目をしたサラリーマンと一緒に電車に揺られて会社に向かった。

まずシュレッダーのゴミを全て出して地下のゴミ箱まで捨てに行く。
そして出社してくる社員に大きな声で挨拶するのだ。

新人なので飲み会の段取りも毎回させられて、飲み会の多い時期は週3〜4にも及んだ。それが1ヶ月近く続くのだ。

一次会、二次会、三次会

ほぼ平日毎日のように繰り返され、終わらない仕事を抱えて睡眠も満足に取れないまま始発で出勤。

飲み会のない日は終電で帰り、飲み会のある日は終電がなくなるのでタクシーで帰った。
月の飲み費用を計算したところ大体8〜10万円毎月使っていた。

わからないことを相談しても「ウチは自分で考えて答えを出すスタンスだから自分で考えろ」と言われ、そんなことを言われてる間に上司や先輩に聞きづらくなっていった。

年末年始や、異動の時期には新人が全社員の前で鯉の滝登りを披露する。

鯉の滝登りとはなんなのか。

だんじりの格好をして、扇子を両手に持って伝統の踊りをして士気を高めるのである。

異動やイベント、飲み会でやらされるので月1回か2回はやっていた。
誰が求めているのかよくわからない文化であった。

しかし、パナソニックの伝統なので仕方なく毎回こなしていた。

他にも嫌なことはたくさんあったが、以上のようなことを毎回繰り返していると会社が嫌になってきた。

当然のようにこなす先輩もいて、私には理解できなかった。
毎日の飲み会も行きたくないし、わからないことが出てきても聞きづらい雰囲気、よくわからない踊り、毎日の労働時間。

段々自分の思考が鈍くなっていって、何も考えられなくなるのがわかった。
聞いた話では鬱で休んでいる先輩も結構いたそうだ。

それを聞いた時、早くこんなところ脱出しようと思った。
鬱になったらクセになるだろうし、そんな自分は見たくなかった。

実際、笑顔が取り柄だった自分から笑顔が消えていっているのがわかっていた。
独身なら頑張って耐えたかもしれない。
しかし、今は家庭もある。

なんとしても自分が壊れるわけには行かないのだ。

そう思い、辞める決心をして退職した。

今でも思う。あんなところで仕事をしている人は本当に凄い。
精神的にタフである。

同時に思う。辞めて本当に良かったと。
給与は半分近くになったが、いくらもらってもあそこに戻ることはないだろう。

話は最初に戻るが、周りの人からは「あいつ根性ないなぁ。こんなこともわからないのか。」と思われていた気がする。

なので、たまに思い出したり夢に出てきたりするのである。

私の中であの転職がすごくコンプレックスになったことは間違いない。
これからも思い出すだろうし、夢にも出てくるだろう。

しかし、これでいいのだ。
あんな経験があったから今の自分は幸せに生活できていて、これからもあの悔しさをバネにもっと成長してやろう!と頑張れるのである。

 

コメント

  1. ぴゅあ より:

    そんなことだから日本の企業は世界から取り残されていくんですね。
    日本のトップの大企業はそんなとこばかりですね。
    子供たちが生きていく日本の未来が心配です。

    • てるたろう より:

      本当に地獄のような毎日でした(笑)
      社員の人も大企業というプライドがあるのか、その辺もイマイチ好きじゃなかったです。
      私はエリートでもなく、要領も良くない。どちらかというと泥水啜って生きてくタイプなので辞めて正解でした!
      もっと働きやすくて、活気のある国になって欲しいですね!
      未来をポジティブに想像できる人生を子供たちに歩んで欲しいです!

タイトルとURLをコピーしました