仕事

会話でキャッチボールできないヤツの特徴5選

悩んでる人
悩んでる人

会社の上司でいるんですよ。全くキャッチボールができないやつが。

人生でちょくちょく出現しませんか?クラスに一人はいるイメージです。全く人の話を聞かず自分の喋りたいことだけを喋り続けるタイプ。

今回はそんなひとの特徴をあげていきます。あと対策もご紹介します。

特に会話でキャッチボールできないのヤツ特徴5選

  1. 人の話を聞かない
  2. 自分の意見だけ言う
  3. 解決した途端、興味なさそうにする
  4. 自分は曲げない
  5. 正論で返しても効かない

人の話を聞かない

基本的に人の話を聞いてくれません。こちらが何を言おうと被せ気味に話してきます。

結局こちらは何も言えず端切れの悪いモヤモヤした気持ちで会話が終わります。

自分の意見だけ言う

ひたすら自分の意見だけを言ってきます。もはや会話したいのではなく、自分の言いたいことだけを言いたいのです。

相手が馬乗りになってずっと殴ってきているのと一緒です。そして逃してくれません。相手の気が済むまで言葉で殴られ続けるのです。

解決した途端、興味なさそうにする

自分の思った返答がきたり、疑問が解決すると途端に興味なさそうにします。「もういいよ」と言わんばかりの冷めっぷり。もうめちゃくちゃです。

自分は曲げない

どんなに間違っていようと、相手が正しかろうと決して自分は曲げません。論理的な会話で負けそうなら感情に訴えかける手法に切り替えてきます。とにかく自分が正しいのです。

正論で返しても効かない

上司が訳のわからないことを言っていて、常識のある人が間違いを指摘しても全く聞いていません。なぜなら自分の意見が正しいと思っているからです。話は平行線に入り、そのまま常識のある人の心が折れて会話は終焉を迎えます。

対策

対策を3つ紹介します。

  1. 極力喋らない
  2. ひたすら同調する
  3. まわりを巻き込んで自分はフェードアウト

極力喋らない

根本的に会話するのを避けましょう。話すと負けます。一般人の会話能力では通用しません。

ひたすら同調する

そうですね。そう思います。はい。なるほど。を連発しましょう。

オススメ
個人的には「なるほど」がオススメです。抑揚をつければオールマイティに対応できます。何にでも使える魔法の相槌です。

周りの人には「アイツめちゃくちゃなるほどって言うな」と思われますが、キャッチボールができない人はそんなことには気づきませんので大丈夫です。もし、怒られたら素直に謝りましょう。

まわりを巻き込んで自分はフェードアウト

会話を振られた時点で話が通じないことが確定しているので、しばらく同調した後、第三者を巻き込みましょう。

「〇〇さんはどう思います?」と話を振れば強制的に巻き込めます。〇〇さんと問題児が話している間にフェードアウトしましょう。〇〇さんには後で謝りに行きましょう。

まとめ

今回は会話のキャッチボールができない人についての特徴5つと対策3つをあげてみました。

特徴

  1. 人の話を聞かない
  2. 自分の意見だけ言う
  3. 解決した途端、興味なさそうにする
  4. 自分は曲げない
  5. 正論で返しても効かない

対策

  1. 極力喋らない
  2. ひたすら同調する
  3. 周りを巻き込んで自分はフェードアウト

まわりとうまくコミュニケーションを取って楽しい人生を送りましょう!